電話: 0086 21 54715167

イメール: sffiltech@gmail.com

すべてのカテゴリ

業界ニュース

ホーム> ニュースとブログ > 業界ニュース

F9中効率バグフィルターの風量と濾過面積の計算方法を教えてください。

時間:2023-07-06 ヒット数: 27

F9中効率バグフィルターに使用されているフィルター材は静電素材です。 従来のフィルター材と比較して、濾過効果が優れ、通気性が強く、粉塵の飛散を防ぎ、フィルタースクリーンの交換回数を節約し、運用コストを削減できます。 バグフィルターの独特な構造特性により、風量が大きくなります。 中効率バグフィルターの風量と濾過面積はどのように計算すればよいですか?

F9中効率バッグフィルターのろ過面積の計算式は以下のとおりです。

風量(m3/h)=幅×高さ×2.5M/s(風速)×3600秒(1時間)

バッグ型中効率フィルターの濾過面積は、フィルターバッグの数とフィルターバッグの長さによって異なります。例: 592 * 592 * 20 * 600-6P-F7、外枠のサイズは 592 * 592 ※20mm、600袋の長さ、効率はF7です。 幅は一般的に670mmで、濾過面積は0.8平方メートルと計算されます。 6 つのフィルターバッグの合計濾過面積は 4.8 平方メートルです。

中効率バグフィルターの風量の計算式は次のとおりです。

長さ * 幅 * 風速 * 60 = 毎分立方メートル。

定格風量は風速に基づいて計算する必要があります。 通常のセントラル空調供給システムは風速2.5m/sに設定されているので、バッグ型中効率フィルターの風量を計算できます。

ホットカテゴリ